スポーツドリンクも虫歯の元

起床時と寝る前も大切です

一説によると、大人になると一日に歯を磨くのは、5回が良いんだそうです。
朝昼晩じゃ、足りないって事なんですね。
朝起きた時と、朝、昼、夕と、寝る前の合計五回です。
これはちょっと大変ですね。
寝て起きた時は特に、口内に便と同じくらい、大量の菌が発生しているんだそうです。
便と同じくらいって、ちょっとびっくりしますよね。
そして、菌が発生する前の寝る前も重点的に行います。
寝るときに、口呼吸になってしまう方がいますが、そういう方は、口にテープを貼ったり、マスクを夜間したりして、菌の繁殖を防ぎましょう。
大人の虫歯治療や予防って、ここまでするものなんですね、ちょっとびっくりしました。
それだけ、放置しておくと虫歯になりやすい年齢や、歯周病になりやすいってことなんですね。

やはり虫歯を放置しておくのは駄目です

いかがでしたか?大人の虫歯治療は、放置しておくと、だんだん知らず知らずの間に虫歯になっていたり、気付いたら、歯がぽっきり折れる、なんてこともあるようですね。
私も歯医者には、大人になってからも通うようになりましたが、「総入れ歯」なんて考えると、怖いですよね。
また、職場で昼食後に歯を磨く癖をつけるのも、大切だと思われます。
一番、昼が見落としがちですからね。
朝起きた時は、便と同じくらい菌が口内に付着しているというのも衝撃的ですね。
便と同じってことは、歯磨きを定期的にしないと、本当に大人になってからは取返しのつかないことになるんですね。
最悪、口内の重大な病気になりますよね。
子供の時につけた銀歯の隙間から、菌や食べ物が入るんですね、私も銀歯の付け替え作業中でした。
大人の皆さん、くれぐれも用心しましょう。